子ども「先生」

人に教えることが一番の勉強、と言われます。

教えるときには、頭の中の知識を整理して説明しようとします。

そして言葉にしていく過程で、理解がいっそう深まるのです。

こうやって覚えたことは、なかなか忘れないもの。

ですから、子どもが新しく学校で習ってきたことで知ったことなど

「教えて!」と、お願いしてみましょう。

でも、無理強いはダメ。子どもの得意なこと、興味を持ったことなら、はり切って教えてくれるはず。

おやつを食べながらなど、リラックスした雰囲気の中で、子ども先生になってもらいましょう!

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ