ホーム > 「親ルール」から「じぶんルール」へ > お金は限られている現実を伝えていますか?

お金は限られている現実を伝えていますか?

日本の子どもたちのほとんどは経済的に豊かな環境にいます。

お腹がすけば食べ物はあるし、住むところも着るものも困らない。

6つのポケットを持つ子どもと言われるように、少子化で祖父母からのお年玉やおこづかいをたっぷりもらう子どももいることでしょう。

もっとも親は、住宅ローンの支払いや生活費のやりくりが大変なんですけどね。

ただ、子どもの教育や支出にしわ寄せが行かないよう、苦労しているのではないでしょうか。

でも「お金は限られている」という現実に向き合わせることが「お金教育」するには必要なのです。

なんでも買ってあげない、おこづかいの中でやりくりさせる。

限られているからこそ、自分の欲望をおさえてガマンし、買うものの優先順位を考え、決められた額の中でやりくりするようになるのです。

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ