ガマンを教える②

2013-02-18

ガマンをどう教えていくか②です。

以前、家族にダマサれてTDSの「タワー・オブ・テラー」乗せられてしまったことがありましたあせる

「大丈夫だよ。怖くないからね」と言われ、イヤな予感を感じながらも行列に並びました。エレベーターのような小部屋に入った段階では「???」でしたが、エレベーターが上昇し目の前の扉が開いて、ビューティフルな夜景が見えたとたん、

『ぎゃ~~~~~~~』

はしたなくも・・・ガーン

再びエレベーターは上昇していく・・・「ぎゃ~~~」「ぎゃ~~~」「ぎゃ~~~」ドクロ

このとき、恐怖に打ち勝つために「これは永遠に続くわけではない。あと少しで終わる・・・あと少しで終わる・・・」と言い聞かせていました(タワー・オブ・テラー好きな人には、信じられないでしょうけど)

ガマンという行為は、先の見通しをつけることで辛さが緩和します。

注射をするとき、子どもに「1から10数えるうちに終わるよ」と、見通しを伝えると少しラクになるのです。

ガマンできたら、「強かったね~~音譜できたことをほめる

続けていくことで、少しずつガマンできるようになりますよラブラブ

Copyright© 2011 「幸せになれる子」に育てたい あなたへ – 高取しづか All Rights Reserved.