問答無用では通じない

2011-04-28

子どもが小学校高学年にもなってくると、「黙って言うことを聞きなさい」というのでは、子どもは納得できません。

「もう子どもじゃない!」という思いがムクムクと強くなってくるのですもの。
「なぜ」「どうして」とくってかかるかもしれませんね。

問答無用では通じなくなるのです。

そんなときこそ、「親ルール」から「じぶんルール」への話し合いのチャンス!

たとえば、「何で、子どもは早く寝なくちゃならないの?」「大人だけ、遅くまで好きなテレビを観ていてズルイ」

なんて言い出したら、まずは子どもの「考え」を聞くこと。

「あなたは、どう思う?」
「何で早く寝ないといけないと思う?」

子どもが答えたことを「そういう風に思ったんだね」と、ともかく認めるのです

その上で、親も一人の大人として意見を伝える。

「成長期の子どもは、睡眠時間を8時間が必要なの」
「もうちょっとお兄ちゃんになったら、今より1時間遅くまで起きていられるから」
など、親の考えを伝えます。

子どもは理にかなった話なら聞く耳を持つし、親の考えも聞きたいと思っているのです。

ただ、まず子どもの話をよく聞くこと。
「親ルール」から「じぶんルール」へ。

子どもと話をしながら、導いていきましょうラブラブ

Copyright© 2011 「幸せになれる子」に育てたい あなたへ – 高取しづか All Rights Reserved.