はじめに

 なぜ「コミュニケーション育成活動をしているのか

私は、2001年にJAMネットワーク立ち上げてコミュニケーション育成活動をしています。

なぜ、このような活動を始めたのかということからお話します。

1998年、家族とともに米国に滞在しました。

もとより英語は大の苦手だった私は、英語で悪戦苦闘しました。

でもそれは、単に英語力がないという問題ではなく、私(たち)に「言葉によるコミュニケーション能力」が足りないからだということに気がついたのです。

たとえば、

「あなた、どう思う?」と聞かれて、自分の考えが言えずにうつむいてしまったり、

相手の話に気のきいた言葉が返せずに、会話がとぎれ気まずい空気が流れたり、

説明が上手にできずに誤解されてしまったり・・・

そんな冷や汗ものの体験をしました。

英語力の前に、

「気持ちや考えを、キチンと相手にわかるように伝える力」や、

「相手の話をしっかり聞いて、それに反応する力」

つまり、コミュニケーションする力が必要だということを痛感したのです。

アメリカの学校や家庭で行われている「オーラル(口語)コミュニケーション」を、仲間たちと取材しました。

その取材をもとに、2001年に帰国後、7つの力で育てる「じぶん表現力」というプログラムを考案。

「親子で育てる『じぶん表現力』」(主婦の友社)から出版しました。

7つの力とは、度胸力、論理力、理解力、応答力、語彙力、説得力、プレゼン力

(いまはすっかり定着している「○○力」という表現ですが、当時は切り口が新らしく、とくに「度胸力」は面白いと評判を呼んだんですよ~)

言いたいことだけを言うのではなく、

相手の気持ちも自分の気持ちも大切にするコミュニケーション力は、

生まれつき備わっているのではなく、育てていくもの。

小さいときから練習していけば生きていくことがラクになります。

子どもたちの未来のために「コミュニケーション」育成をしよう!と活動を始めたのでした。

Copyright© 2011 「幸せになれる子」に育てたい あなたへ – 高取しづか All Rights Reserved.