持ち物の準備をまかせる

夏休みにどこかにお出かけをするとき。

そんなとき、親がやってしまわずに、子どもに持って行くものを任せてみませんか?

のどが渇くかもしれないから水筒をもって行こう                                                    雨が降りそうだからかさが必要だね、など

状況を想像する練習になるのです。

おやつやティッシュ、ハンカチ・・・親もアイデアを出しながら、最終的に子どもに決めてもらいます。

時間がある夏休みだから、ゆっくりと時間が取れるので、楽しく会話をしながらやってみましょう。

こういう経験の繰り返しが、自分で考え、判断することができる子どもを育てるのです。

子どもに準備を頼んでみましょう!

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ