ほめると天狗になる?

「ほめられない」という言い分のひとつが「ほめると調子に乗って天狗になる」というもの。

天狗を心配している親に、「あなたは、どんなときにお子さんをほめますか?」と質問すると、

100点をとったときとか、スポーツで成績が良かったときなど、勉強やお稽古ごとに関することが多いのです。

こうした優越感は、自分より優れた人が出現したら劣等感に変わり、天狗の鼻はかんたんにへし折られます。

つまり、努力もせずに天狗で居続けることはできないのです

それよりも、優しい行いをしたときとか、コツコツ続けている努力、その子どもの個性=いいところを、口に出してほめてあげてはどうでしょう

これならいくらほめても天狗になんかなりませんよ!

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ