ホーム > 「親ルール」から「じぶんルール」へ > いつから「自立」を教えるのか?

いつから「自立」を教えるのか?

アメリカの小学校の先生に、

「いつごろから自立=自己管理を教えていくのか」とたずねたとき、

なんと3歳くらいから教え始めると聞いて、びっくりしました。

学校や生活の場面で折に触れて、

「それは誰かの問題じゃないよ。きみの問題だよ」

と、優しく言って聞かせるのだそうです。
たとえば、忘れ物をしてしまった子どもが、「ママが入れてくれなかった」と言ったら、

「違うよ。それはきみの問題だよ」

子どもの目をみながら、穏やかに伝えるのです。

この「優しく、穏やかに」というのが、ポイント。

「自分の問題でしょ!」(怒)じゃないですよ~

親のせいではなく、自分の行動の責任は自分にある。

これが、「じぶんルール」のもとになる考え方です。

この繰り返しで、「じぶんルール」を作っていきましょうドキドキ

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ