ホーム > 「親ルール」から「じぶんルール」へ > 遅刻したのはママのせい?

遅刻したのはママのせい?

遅刻したのはママのせい?

 

Mさんの娘、4歳のKちゃんは
最近なにかにつけて

「ママのせいだからね!」と言うそうです。

園の準備が出来なくても、

探し物が見つからなくても、

トマトが上手に切れないのも、

いっつもママのせい(笑)

Mさんが苦し紛れに
「子どもは人のせいにできて、いいよねっ!」
と、言ってみたら

 

「まだ子どもだからママのせいにする」
ですって!!
微笑ましいエピソードですね。

でも「ママのせい」はいつまで続くのでしょう?
大学生や社会人になっても、

「起こしてくれなかったら遅刻した!!

ママのせいだ!」と言われたらどうでしょう?

親が「自分が起こさなければ」と思っていたら、

高校生になっても社会人になっても、

「ママのせいだ」と、言われかねません。

「今」は「未来」につながっています。

私は小学生入学を目安に、
自分で起きることをすすめています。

「ママのせいだ」と言われないためには、
まず親自身が
「子どもの問題」と心の底から思っていること!!

文句を言うけど結局やってあげていませんか?

たとえば、忘れ物をした子どもが、

「ママがカバンに入れてくれなかったから」と言ったら、

「違うよ。それはあなたがすることなのよ」

叱るのではなく、何度でも静かに伝え続けることです。

突き放すのではなく、時間をかけてゆっくり自立に導いていきましょうね。

 

 みんないろんなことをかかえてるけど、ファイト〜音譜

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ