ホーム > 自己肯定感を育てる (褒める·叱る) > アメリカ人って、なんてほめ言葉が多いの!?

アメリカ人って、なんてほめ言葉が多いの!?

夫の転勤で、家族でアメリカに渡り、

子どもたちは、現地の中学校に通うことになりました。

 

その子どもたち、学校から帰って来るなり、

「ママ、ママ、聞いて~。

アメリカの先生ってすごいの。

ほめてばっかりいるんだよ!」

子どもたちはしきりに「ほめすぎ!」と言っていたけど、

本心はうれしそう。

 

ほんとに、ほめ言葉のシャワーなの。

Good job!   よくできました

Great!     すばらしい!

Fantastic!  すばらしい!

Super!      スーパー!

You’re special! あなたは特別!

Excellent!   すばらしい!

Amazing!    びっくり!

Well done    よくできたね

Beautiful    ステキ!

Smart!     カシコイね!

まだまだ、たくさんのほめ言葉があるんです。

 

そんなアメリカの学校の光景を目の当たりにして、ハッとしました。

ほめ言葉の種類が多いということもありますけど、

子どもを肯定的にとらえて、子どもの意欲を引き出そうとしている。

その姿勢に感銘を受けたのでした。

 

 そして、この本を書きました!

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ