フォローの技を磨く

ほめてあげよう!と思っていても、

現実には、できないこともありますよね。

 

たとえば、注射をガマンできたら、

「強かったね~~音譜

と、いい感じで、ほめようと思っているのに・・・

期待を裏切って・・・

・・・

びゃ~~~、と泣き出す。DASH!

ことも、あるわけです。

子どもだから。

そんなとき。

わかっていても、

「なんで、できないの!」と爆発させるのは、

自分の気持ち、感情なんですね。

でも、子どもの気持ちになったら、

痛いんだもん・・・ガーン

やなんだもん・・・しょぼん

だから、

明るくフォローするワザを磨こう!!

「今日はビックリしちゃったね。ヨシヨシ・・・ドキドキ

「今度、がんばろうねドキドキ

子どもの現状を受け入れて、共感する。

そして次につなげる。

やる気のある「じぶんルール」のある子に育てるために

フォローの技を磨こう!

ファイト~旗

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ