会話するコツ②

(2)よその大人と話すつもりで話す

子どもから大人への移行期、

思春期の子どもの特徴は、自我(プライド)。

この時期の子どもと話すコツは、大人扱いすること。

 

具体的にどうするかというと、

「よその大人と話すつもりで話す」です!!

 

我が子には、

「さっさとやっちゃいなさい!」と言えても、

近所の方には

「そろそろお時間ですよ」と気を使って言いませんか?

思春期の子どもは尊重されたがっています。

 

よその大人に話すように話しかけられると、

最初は「ギョッ」っとするかもしれませんが(笑)

話を聞いてくれるようになりますよ」。

不自然にならない程度にやってみてくださいね。

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ