ホーム > 自己肯定感を育てる (褒める·叱る) > 認めてもらえた快感が意欲になる

認めてもらえた快感が意欲になる

教会でボランティアをしているSさんから聞いたお話をご紹介しますね。

ある日、子どもたちに食事が終わった後、

テーブルを拭くように頼んだそうです。

 

子どもたちはテーブルを拭いてくれたのですが、

よく見ると、まだところどころ汚れているのです。

Sさんは

『まだ、細かいところの汚れが残ってるよ。もっとていねいに』と言いたいのを、グッとこらえて、 

「とてもきれいになったね!ありがとう!」 と言いました。

『あとで自分が拭けばいい』Sさんは思ったそうです。

 

その次の日も、子どもたち何も言わないのにテーブルを拭き、

その後も、毎食毎食テーブルを拭いてくれるようになりました。

それも率先して!

 

もしSさんが、感謝のことばでなく

「できていないところを指摘」していただ、どうだったでしょうか?

次の日も、率先してやったと思いますか?

 

子どもにとっては、やったことが認められたことがうれしかったのです。

「認めてもらえた快感」が、

「やってみよう!」という原動力になります。

自分から望んでやるようになる。

「やってみよう!」という意欲は、生きる力です。

完璧にできなくても、いいじゃないですか!

子どもたちがやったこと、できたことを認めて、

自ら「やってみよう!」と意欲を育ててあげてくださいねラブラブ

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ