ホーム > 自己肯定感を育てる (褒める·叱る) > 承認欲求の強い人は自己肯定感が低い

承認欲求の強い人は自己肯定感が低い

自己肯定感って、複雑。その辺を少し書いていきますね。

 

人と比べるのではなく、今の自分をそのまま認めることができるのが自己肯定感の高い人

人と比較して得られた自信はもろく、とても壊れやすいものです。

世の中には上には上がいるので、自分より優れた人に出会うとそんな自信は粉々に崩れてしまうでしょう。

結果や他からの評価ではなく、頑張った自分や努力した自分を認められることが重要です。

ほんとうに自分を認めることができていれば、心が安定しているので、人に不本意なことを言われても、

反論するのではなく受け入れることができるのです。

自己肯定感の高い人は、必要以上に自分を大きく見せる必要がありません。

すでに自分のことを自分で認めることができているので、心が満たされているからです。

ところが、自己肯定感の低い人は自分を自分で認められないので、人にほめてもらいたがったり自分を大きく見せようとします。

承認欲求の強い人、あなたの周りにもいませんか?

そういう人は、一見自信があるように見えても実は自己肯定感が低いのです。

自己肯定感は、心地よく生きていく心の土台。

子どもの自己肯定感の育て方をいっしょに学んでいきましょう。

ファイト~音譜

Posted on
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ