朝ホメのすすめ 2005年3月29日(最終回)

サンケイ新聞連載

朝ホメのすすめ 2005年3月29日(最終回)

<ワーク>

朝、子供のいいところを見つけて一つほめてから、学校や幼稚園に笑顔で送り出しましょう。

最終回のワークは「朝ホメ」のすすめです。

「一人で起きてこられたね!」「顔色がいいね!」元気の素を振りかけるつもりで、ほめてください。

前の晩、おこってもケンカしても一晩寝たら、すべて、ご破算。私たちJAMのメンバーは、子供たちに「朝ホメ」を実践してきました。

すると、どうでしょう! 子供たちの反応が明らかに違うのです。気分がいいのか、子どもたちの表情が明るいのです。

親から認められ、肯定的に受けとめられていると、子供に自信が生まれ、前向きにやろうという意欲ややる気が出てきます。

親にとっても、子供への視線がやさしくなり、イライラすることも少なくなり、その日のコミュニケーションが良好になってきました。

自分という存在への自信につながる「自己肯定感」は「じぶん表現力」の土台なのです。

子供が「じぶん」らしく生きていけるように、応援する言葉をたくさんかけてくださいね。

これまで私たちが提案してきたワークは、ほんのちょっと視点を変えてみることだったり、いつものように子供と接しながら取り入れられる遊びだったり、どれも小さなことばかりです。

「今まで普通にやってきたことだよ」というご家庭もあると思います。でも、それでいいのです。大事なことは「意識して鍛えよう」と、親の気持ちを変えることなのです。

子育ては教科書どおりにはいきません。子供はそれぞれ違うし、反応もさまざま。気ばらずあせらず、おおらかに、子育てしてくださいね。

一年間このコーナーを読んでいただいいて、本当にありがとうございました。

(JAMネットワーク 高取しづか)

Copyright© 2011 「幸せになれる子」に育てたい あなたへ – 高取しづか All Rights Reserved.