ホーム > 「親ルール」から「じぶんルール」へ

遅刻したのはママのせい?

遅刻したのはママのせい?   Mさんの娘、4歳のKちゃんは最近なにかにつけて 「ママのせいだからね!」と言うそうです。 園の準備が出来なくても、 探し物が見つからなくても、 トマトが上手に切れないのも、 いっつもママのせい(笑) Mさんが苦し紛れに「子どもは人のせいにできて、いいよねっ!」と、言ってみたら   「まだ子… 続きを読む

お子さんは、一人で起きていますか?

休みの日はのんびり朝寝坊もいいのですが、 学校がある日は、そうはいきません。 お子さんは、朝一人で起きていますか? 「遅れちゃうよ!!」 「いい加減に起きなさい!!」 と、起こしていませんか? 自立の第一歩は、「一人で起きること」 『うちの子は朝が弱くて・・・』 『遅くまで起きているから、朝は起こすのが大変… 続きを読む

内弁慶と外弁慶

児童館に勤めている知人が、 「この頃、外弁慶の子どもが増えているように感じる」 と言います。 内弁慶は、聞いたことがありますが、外弁慶っ!? 「そう外弁慶」 児童館では、職員に悪態をついたり友だちを泣かしたり散々問題行動をしている子なのに、親が迎えにくると、急に態度が変わり、 「ママ~~」 と甘えて「いい子」になるのだそうで… 続きを読む

ガマンを教える①

子どもの自立を促す=「じぶんルール」を育てるには、 「ガマン」することが必要です。 ガマンできないと、時間を守る、お片づけをするなどの基本的な生活ルールが身につきません。 ガマンとは、じぶんの感情や行動を理性によってコントロールすること。 つまり、自分を律すること。 「自分を律すること」を、子どもにどう教えていくか。 難し… 続きを読む

ガマンを教える②

ガマンをどう教えていくか②です。 以前、家族にダマサれてTDSの「タワー・オブ・テラー」乗せられてしまったことがありました 「大丈夫だよ。怖くないからね」と言われ、イヤな予感を感じながらも行列に並びました。エレベーターのような小部屋に入った段階では「???」でしたが、エレベーターが上昇し目の前の扉が開いて、ビューティフルな夜景が見えたとたん、 … 続きを読む

「理想の子育て」なんて、幻想

いつから、子育てがこんなに大変なことになってしまったんだろう?って思うときがあります。 もちろん、愛情や労力はたっぷりいるし、子育ては大事な仕事です。 でも、もう少し楽に構えてもいいんじゃないかな。 子どものことを虐待してしまった母親が「理想の母親像を求められても無理だった」と、言っていました。 育児情報があふれている今。 「こ… 続きを読む

学校では教わらないお金教育

家電を買ったり旅行の計画など、大きな出費をするときに、子どもを話し合いに巻き込みましょう。 インターネットで情報収集したりお店に足を運んで実物を見たりして、予算内でどのような選択の基準で購入するか、 子どもに意思決定のプロセスをいっしょに体験させてあげてください。 そして、なぜそれを選ぶのか、あなたの価値観・考え方を話してみましょう。 学校では教えて… 続きを読む

お金は限られている現実を伝えていますか?

日本の子どもたちのほとんどは経済的に豊かな環境にいます。 お腹がすけば食べ物はあるし、住むところも着るものも困らない。 6つのポケットを持つ子どもと言われるように、少子化で祖父母からのお年玉やおこづかいをたっぷりもらう子どももいることでしょう。 もっとも親は、住宅ローンの支払いや生活費のやりくりが大変なんですけどね。 ただ、子どもの教… 続きを読む

ATMからお金もらってくれば?

「今月はお金がないから」とこぼしたら、子どもが 「お金は銀行がくれるんでしょ?銀行からもらってくれば?」と言われた、という話をよく聞きます。 お給料は銀行振り込みがほとんどなので、親が働いてお金を得てくれているとという実感がないのです。 その一方で、欲望を刺激する広告が氾濫する中、キャッシング、クレジットといった耳障りのいい言葉で「借金」へ… 続きを読む

社会のルールを教える役割

子どもとの話し合いのときには、まず話を聞くこと。受け入れること。 でも親は、子どもの気持ちを受け入れ理解ばかりでなく、 社会のルールを教えていく役割もあります。   そのときには、親が心得ておくべき3か条は、 その一 自分の家には自分の家のルールがあること その二 ダメなことはダメ その三 大人になるのはいいものだよ!   … 続きを読む
講演依頼はこちら
取材依頼はこちら
お問い合わせ